CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 新築のフロアコーティングは絶好のチャンス | main | フロアコーティングとワックスの違いについて >>
フローリングの歴史的変遷
0

    JUGEMテーマ:フロアコーティング

     

    フローリングとは木質の床材のという意味でした。

    最初のフローリングは本物の天然木で板状にして並べたものを

    云ったと思われます。今でこそ無垢材といって高級品の位置づけ

    ですが元々はこれが当たり前でした。

     

    しかし自然の木は使っているうちに反りや歪みが出てきて

    使いずらいものでした。そこで合板フローリングというものが

    考え出されました。下地材に乾燥させた木材の層を重ね合わせ

    反りや歪みが出ないようにして、表面の化粧面に厚さ2~3ミリの

    天然木を配した構造になったいて無垢材のように見えるものです。

     

    その後更にコストと使いやすさを求めて表面の化粧面の天然木の

    部分を0.2〜0.3ミリ程度にしたものが開発されました。しかし

    大きな傷や抉れでは下地が出てしまい、また表面上は本物の木

    ですが質感や感触では本物の木とは違ってきています。

     

    そして遂にこの表面上の木の部分を完全に無くしてしまって木目の

    プリントに変えたのがシートフロアです。これは印刷なので木目

    以外にも大理石調や自由自在にデザイン出来るものでコストと

    相まって爆発的に普及しています。

     

    この最新のシートフロアは予めEBコートなどを施してありワックス

    フリー仕様でワックスが必要ありません。しかし何もしないのは

    不安なのかワックスが不要なのにワックスフリー用ワックスとか

    訳が分からないものが出ています。しかしワックスフリーは

    基本的にワックスは合わないので却って滑りやすくなったり汚れが

    付きやすくなったりしてしまいます。

     

    フロアコーティングは殆どのフローリングに対応していますので、

    まずはご相談ください。

     

     

    フロアコーティングについての詳細はコチラ
    エコシュエット HP

    見積もり無料、資料請求もHPからどうぞ

    北海道は以外の方で、EPCOATフロアコーティングに
    興味をお持ちの方も、お気軽にお問い合わせください

    全国の販売店を紹介させていただきます

      

    エコシュエットではfacebook、twitterを始めています

    施工されたお客様の声や、フロアコーティングのQ&A、住宅関連
    情報などを配信しています ぜひのぞいてみてください

    エコシュエットfacebookページ 

    エコシュエットtwitter

    ブログランキングに参加してます
    応援よろしくお願いします
    お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ 
              にほん

    | エコシュエット | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.sutekina-eco.com/trackback/1611
    トラックバック