CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< カーシェアリングのマナー | main | カーシェアリング車両 マーチの車検を終えました! >>
フロアコーティングの注意点について
0

    JUGEMテーマ:フロアコーティング

     

    丈夫で長持ち、掃除も楽々なフロアコーティングにも注意しなければ

    ならない事があります。それを一覧にあげると。

     

    ・傷はやはり付くので気を付ける必要はあります。
    傷は付きにくくなりますが付かないわけではありません、ガラスの

    強度以上の小石、金属の傷は避けられません。特に椅子の下等に

    小石やネジ等を挟み込んだまま引きずってしまうと大きな傷跡が

    残ってしまうので気を付けましょう。

     

    ・重量物や鋭利な物の抉れ、凹み
    ハサミや重量物の角など落としてしまった場合は防げません。

    フロアコーティングは表面を超極薄の膜で覆うものですから床自体の

    強度を高めるものではありません。床が凹んでしまえばそれに沿って

    コーティングは追随します。あくまで表面の傷や汚れをある程度防ぐ

    ものです。

     

    ・全く滑らなくなるわけではありません。
    滑り止め効果もあるのですが、元の床の性質によって異なります。

    滑り止め効果はミクロの表面の状態で決まりますので元の床材の

    状態にも左右されます。

     

    ・施工直後は完全硬化まで室内に入らないようにしてください。
    一般的に施工後半日は部屋に入れません。余裕をみるなら翌日入居が

    ベストになります。よく直後に入室してしまって足跡を付けてしまう

    事例が散見されます。フロアコーティングはこの後30年も持つもの

    なのでここはぐっと我慢して入らないようにしましょう。他の業者様

    にも通知をお願いします。もちろん補修は可能ですが新しい部屋には

    真新しい状態で入居したいものですね。

     

    フロアコーティングは完璧な魔法の封印ではないので最低限のケアは

    必要になります。しかし簡単な拭き掃除で良いし水拭きも出来るので

    好評を頂いています。

     

     

    フロアコーティングについての詳細はコチラ
    エコシュエット HP

    見積もり無料、資料請求もHPからどうぞ

    北海道は以外の方で、EPCOATフロアコーティングに
    興味をお持ちの方も、お気軽にお問い合わせください

    全国の販売店を紹介させていただきます

      

    エコシュエットではfacebook、twitterを始めています

    施工されたお客様の声や、フロアコーティングのQ&A、住宅関連
    情報などを配信しています ぜひのぞいてみてください

    エコシュエットfacebookページ 

    エコシュエットtwitter

    ブログランキングに参加してます
    応援よろしくお願いします
    お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ 
              にほん

    | エコシュエット | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック