CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 東京都の中央区月島1丁目にカーシェアリング(S660)がオープン! | main | 静岡県の三島寿町9丁目にカーシェアリング(MINIクーパーD クロスオーバー)がオープン! >>
ウレタンハードコーティングの特徴
0

    JUGEMテーマ:フロアコーティング

     

    耐久性が大変高いけれどあまり普及していない。なぜだろう??

     

    今回はそんなウレタンハードコーティングの特徴を説明します。

     

    ウレタンハードコーティングは素材に2液性ウレタン塗料というものを

    使用しており、有機系コーティングの中で、最も耐久性が高い

    言われています。汚れにくく、汚れが落ちやすいという特徴もあり、

    その耐久年数は10年程度といわれています。原料価格も無機系

    コーティングに比べると大幅に抑えられますし、有機系コーティングの

    シリコン配合ウレタンコーティングやUVウレタンコーティングよりも

    安価にできます。耐久性があり安価であると考えると、かなりお得な

    ように思えます。

     

    しかし、ウレタンハードコーティングは一般的にあまり普及していません

    その原因としてあげられるのは、施工が難しく、失敗するとリカバリーが

    できないということです。また、床材の破損や塗り直しをするため

    コーティングを剥離しようとしてもコーティングをしてから3年以上経過

    している部分の補修が不可であるということがあげられます。補修が不可

    であるということは、床材が破損した時、フローリングの張り替えが必要

    となってしまうということです。

     

    つまり、原料価格は安価ですが施工に技術を要するため、結果的に

    施工費金額が他より高くなってしまうという傾向があります。

     

    知識として知っておくのもいいことでしょう。

     

     

    フロアコーティングについての詳細はコチラ
    エコシュエット HP

    見積もり無料、資料請求もHPからどうぞ

    北海道は以外の方で、EPCOATフロアコーティングに
    興味をお持ちの方も、お気軽にお問い合わせください

    全国の販売店を紹介させていただきます

      

    エコシュエットではfacebook、twitterを始めています

    施工されたお客様の声や、フロアコーティングのQ&A、住宅関連
    情報などを配信しています ぜひのぞいてみてください

    エコシュエットfacebookページ 

    エコシュエットtwitter

    ブログランキングに参加してます
    応援よろしくお願いします
    お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ 
              にほん

    | エコシュエット | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック