CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 兵庫県の宝塚梅野町にカーシェアリング(スプラッシュ)がオープン! | main | 東京都の中央区月島1丁目にカーシェアリング(S660)がオープン! >>
高濃度ウレタンコーティングの特徴
0

    JUGEMテーマ:フロアコーティング

     

    フロアコーティングには有機系コーティングと

    無機系コーティングという2つの種類があります。

     

    そのなかで今回は有機系コーティングの一つである

    高濃度ウレタンコーティングについて紹介します

    高濃度ウレタンコーティングの一番のメリットとしては

    他のコーティング剤と比べて圧倒的に安価であるということです。

     

    高濃度ウレタンコーティングというとなじみのない名前ですが、

    業務用ワックスといえば聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

     

    小学校や中学校で今日はワックスがけがあるから学校に入っては

    いけませんという日が定期的にあったことを覚えている方もいるでしょう。

    あの独特な臭いをご記憶の方も多いのでは?

    この業務用ワックスが高濃度ウレタンコーティングというものなのです。

    安価でお手軽ということでコーティングする面積が広い場合に使われています。

    しかし、上記の例からもわかる通り、汚れやすく汚れが落ちにくいうえに

    キズが付きやすい、また水拭きができないというデメリットもあります。

     

    安価である反面、耐久性が低いため定期的な塗り直しが必要となってくるので、

    長期的な面で考えると安価とは言えない可能性もあるので注意しましょう。

     

    このように、液剤の質や施工の技術はもちろん、最初に施工した時にかかる

    イニシャルコストと、塗り直しなど長期的にかかるランニングコスト

    両面からしっかりと検証されることをオススメします。

     

     

    フロアコーティングについての詳細はコチラ
    エコシュエット HP

    見積もり無料、資料請求もHPからどうぞ

    北海道は以外の方で、EPCOATフロアコーティングに
    興味をお持ちの方も、お気軽にお問い合わせください

    全国の販売店を紹介させていただきます

      

    エコシュエットではfacebook、twitterを始めています

    施工されたお客様の声や、フロアコーティングのQ&A、住宅関連
    情報などを配信しています ぜひのぞいてみてください

    エコシュエットfacebookページ 

    エコシュエットtwitter

    ブログランキングに参加してます
    応援よろしくお願いします
    お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ 
              にほん

    | エコシュエット | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック