CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 東京都の世田谷区下馬1丁目にカーシェアリング(MINIクーパー)がオープン! | main | 千葉県の柏にカーシェアリング(ハスラー G)がオープン! >>
ワックスの塗り替えは注意しておこないましょう
0

    JUGEMテーマ:フロアコーティング

     

    フローリングワックスは、塗り替えを前提として施工されます。
    そのため、磨耗で光沢がなくなってきた頃に重ね塗りをする

    必要があるのです。その際、新しいワックス層の下に、汚れやホコリが

    混入して残ってしまうと、フローリングの黒ずみの原因になるため、

    注意しなければいけません。美観をよくするためのワックスだったはずが、

    かえって美観を損ねるというのは気になります。

     

    この黒ずみを解消するには、古いワックスの層を剥離すればいいのですが、

    これは一般の方にはなかなか難しい作業です。仮に、できたとしても

    なかなか綺麗には仕上がりません。


    また、古いワックス層の除去に用いる剥離剤は、アルカリ性で

    フローリングによくありません。剥離剤はフローリングを劣化

    させてしまうのです。

     

    ワックスの乾燥時間は、通常30分〜1時間程度です。ワックス塗布後に、

    手で触ってベタつかなくなれば大丈夫です。しっかり短時間で乾かす

    ためにも、ワックスの塗布は晴れた日におこなうべきですね。

     

    いかがでしたか?
    以上のように、フローリングワックスの塗り替えには、慎重な作業が

    求められます。自分でする場合には、完璧に仕上げるのは厳しいと

    考えた方がいいでしょう。

     

    ただ、長く美しい状態を保つためには、年に2回ワックスを塗り替える

    ことが推奨されています。新築戸建であれば建て替えまでの間、

    新築マンションでもリフォームまで、たとえば20年×年2回=40回は

    ワックス掛けを続けることになりますよね。

     

    全部屋ワックス掛けをし、乾燥までの時間を考えると1日掛かりの

    作業になりますから、将来のライフスタイルの変化をあれこれ想像すると、

    ワックス掛けを20年30年と続けるのも、なかなか大変そうです。

     

    ワックスはイニシャルコストはそれほどではないにしろ、このような

    メンテナンスコスト労力がかかるということ、継続しなくては意味が

    ないことを、覚悟しておきたいものです。

     

    一度施工すれば30年間効果が続くフロアコーティングなどもぜひ

    検討してみていただきたいですね。

     

     

    フローリングについての詳細はコチラ
    エコシュエット HP

    見積もり無料、資料請求もHPからどうぞ

    北海道は以外の方で、EPCOATフロアコーティングに
    興味をお持ちの方も、お気軽にお問い合わせください

    全国の販売店を紹介させていただきます

      

    エコシュエットではfacebook、twitterを始めています

    施工されたお客様の声や、フロアコーティングのQ&A、住宅関連
    情報などを配信しています ぜひのぞいてみてください

    エコシュエットfacebookページ 

    エコシュエットtwitter

    ブログランキングに参加してます
    応援よろしくお願いします
    お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ 
              にほん

    | エコシュエット | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック