CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
「省エネアクションチャレンジ」で景品をゲット♪
0
    JUGEMテーマ:節約&エコグッズ

    北海道では、地球温暖化問題の解決に向けて、家庭における
    「地球温暖化防止行動」を応援しています

    例えば、電気やガス、灯油、ガソリンなど化石燃料の使用によって
    得られるエネルギーを大切に使ったり(省エネ)、二酸化炭素を
    固定する「木材」を積極的に活用したり、ごみの排出を少なく
    したりすることなど

    この冬、省エネなどの地球温暖化防止行動にチャレンジすると
    景品をゲットできるんですよ


    応募条件

    道内にお住まいの方で、前年同月以前より電気・ガス各社と契約を
    されている方のうち、次の省エネを達成したご家庭が対象となります

    電気使用量 
    2012年12月〜2013年2月分を前年同月比で5%以上削減

    ガス使用量
     
    2012年12月〜2013年2月分を前年同月比で少しでも削減

    応募方法

    応募用紙に必要事項をご記入のうえ、検針票を
    添えて郵送してください。

    (1)郵便番号 
    (2)住所 
    (3)氏名および契約名義 
    (4)電話番号
    (5)あなたが取り組んだ省エネ行動

    同封物

    電気またはガスの検針票(コピー可)

    応募締切日(当日消印有効)

    2012年12月分   2013年1月15日
    2013年 1月分   2013年2月15日
    2013年 2月分  2013年3月15日
    

    あて先・お問い合わせ先

    〒 060-8545 
    札幌市中央区大通西5丁目11−1
    株式会社電通北海道内 
    「省エネアクションチャレンジ事務局」
    電話番号:011-214-5142
    (10:00〜17:00 土日祝除く)

    プレゼント内容や応募用紙、その他詳細は
    省エネ3SキャンペーンHPでご確認ください。

    生活に支障のない範囲の節電で商品をゲットしましょう



    ブログランキングに参加してます
    応援よろしくお願いします
    お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ  
                    にほんブログ村
    | エネルギー問題 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    冬のさっぽろ節電大キャンペーン ♪
    0
      JUGEMテーマ:節約&エコグッズ

      札幌市では、夏に引き続き「冬のさっぽろ節電大キャンペーン」を実施中

      「冬のさっぽろ節電大キャンペーン」では、消費電力量前年同月比で15%の
      削減を目指して節電に取り組む方から節電宣言を募集しています

      その後、2カ月間の節電にチャレンジしていただき、昨年より消費電力量を
      削減できた方の中から抽選で、削減率に応じて、記念品がもらえます



      節電宣言の受付は、
      平成24年11月20日(火)から
      平成25年2月28日(木)
      までです

      節電宣言する方はコチラ

      札幌市コールセンターでも受付けます。 

      札幌市コールセンター
      (土日を含む全日AM8:00〜PM9:00まで受付)

      電話番号 : 011−222−4894

      Eメール  : info4894@city.sapporo.jp 

      (Eメールの方は、件名に「節電宣言」、本文に「名前」
      「住んでいる区」「性別」
       「一緒に節電に取り組むご家族の
      人数(入力者も含む)」を入力してください。)

      宣言した後は、12月〜2月のうち連続した2カ月間、
      節電にチャレンジ

      節電に取り組んだ後は、記念品が当たる抽選に応募しましょう

      現在も、1年前の12月〜2月と同じ場所にお住まいの札幌市民
      の方が対象になります

      応募期間
      2013年2月1日(金)〜3月11日(月)(消印有効)

      申込方法
      応募用紙に必要事項を記入し、下記の添付書類を貼り付けて、
      封筒に入れ、郵送にてご応募ください。

      添付書類
      北海道電力(株)が発行する、平成24年12月〜
      平成25年2月のうち、連続した2カ月分(12月〜
      1月分または1月〜2月分)の「電気ご使用量の
      お知らせ」(写し可)をご用意ください。

      (注意) 添付書類は返却できませんので、予めご了承ください。 

      応募先
      〒060−8799 
      郵便事業株式会社札幌支店留
      「さっぽろ節電大キャンペーン受付係」 宛

      応募書類、キャンペーンの詳細は
      札幌市HP でご確認ください。

      生活に支障のない範囲の節電で商品をゲットしましょう


      ブログランキングに参加してます
      応援よろしくお願いします
      お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

      人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ  
                      にほんブログ村
      | エネルギー問題 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      みんなde節電!ウインターキャンペーン
      0
        JUGEMテーマ:節電

        北海道電力では「みんなde節電! ウインターキャンペーン」を実施します

        2013年1月分〜3月分の電気ご使用量の合計(kWh)が前年同期間と
        比較して、節電を達成した場合、その削減率に応じて、QUOカードが
        もらえます

        ●15%以上の節電達成で、もれなく2,000円分のQUOカード
        ●7%以上15%未満の節電達成で、もれなく1,000円分のQUOカード

        ■節電対象期間 
        2013年1月分〜3月分の電気ご使用量が対象となります。

        ■応募期間
         ※事前の応募が必要です。
        ●ハガキ/2012年11月2日(金)〜12月7日(金)消印有効
        ●インターネット/2012年11月2日(金)〜12月7日(金)24:00締切

        詳しくは、北電HPでご確認ください。

        生活に支障のない範囲で節電してQUOカードをゲットしましょう


        ブログランキングに参加してます
        応援よろしくお願いします
        お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

        人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ  
                        にほんブログ村
        | エネルギー問題 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        住宅用太陽光発電システム補助金説明会in北海道
        0
          JUGEMテーマ:太陽光発電

          住宅用太陽光発電システム
          補助金説明会in北海道
          (一般社団法人 太陽光発電協会 
          太陽光発電普及拡大センター主催)が
          7/13(金)13:30より
          ホテルさっぽろ芸文館 瑞雪の間
          で開催されます

          平成24年度は、補助金制度が大きく変わりました

          補助金の申請手続きを行う方を対象に、昨年との相違点や、
          申請手続きの方法などを説明してくれます

          太陽光発電を設置し、これから申請手続きを行う方は、
          参加されてみてはいかがですか

          参加無料 定員270名
          事前登録制(先着順) 定員になり次第締め切り

          お申込み、お問い合わせ

          「平成24年度 住宅用太陽光発電
          システム補助金説明会」事務局

          TEL 03-6431-9943(土日祝除く)
          FAX 03-5435-9972
          Eメール 
          solar@smet.jp 

          HPからもお申込みできます
          J-PEC

          太陽光発電の無料見積もりコチラ
          数社へ一括見積もり依頼【太陽光発電システム見積比較.com】

          最後に、ご案内です

          太陽光発電と同じく地球環境にやさしいといえば

          そうです 弊社のフロアコーティングのご案内です

          EPCOATフロアコーティングは、市販の家庭用ワックスが
          1-6ケ月であるのに対して、耐久期間は30年

          塗り替えの手間がなく面倒なワックス掛けが不要、
          掃除の手間も軽減できます

          EPCOATフロアコーティングは、液体ガラスを原料として
          使用していますので、ペットの爪傷や家具の引きずり傷から
          フローリングを長期間守る事が出来ます

          また、耐久性に優れ塗り替えや塗り重ねといったメンテナンスの
          必要がないので、市販の家庭用ワックスのように定期的に
          ワックス材を購入する費用がかかりません

          地球にもお財布にもやさしいフロアコーティング

          お掃除の手間が省け、床を30年間守り住宅の価値を
          高めることができるEPCOATフロアコーティング
          施工しませんか

          ちなみに、家を新築される方、マンションを購入される方、
          すでに入居済みの方にもEPCOATフロアコーティング
          オススメ

          30年耐久フロアコーティング「EPCOAT(イーピーコート)」は、
          大切な住まいを長期間守るので、リフォームコストを低減でき、
          自然環境に与える負荷を軽減できます

          フロアコーティングについての詳細はコチラ
          エコシュエット HP

          見積もり無料、資料請求もHPからどうぞ

          北海道は以外の方で、EPCOATフロアコーティングに
          興味をお持ちの方も、お気軽にお問い合わせください

          全国の販売店を紹介させていただきます

            

          エコシュエットではfacebook、twitterを始めています

          施工されたお客様の声や、フロアコーティングのQ&A、住宅関連
          情報などを配信しています ぜひのぞいてみてください

          エコシュエットfacebookページ 

          エコシュエットtwitter

          ブログランキングに参加してます
          応援よろしくお願いします
          お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

          人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ 
                          にほんブログ村   


          内モンゴルの砂漠化を防止したい!

          あなたの、フロアコーティング施工が
          がモンゴルの「小さなナヒヤ」、苗と
          子どもたちを育てるチカラになる。

          弊社では砂漠化が進む内モンゴルへの植林活動を行っている、
          ナヒヤ基金に売上げの一部を寄付させていただきます。

          活動についての詳細はコチラ

                                                
          | エネルギー問題 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「ライトダウンジャパン2012」♪
          0
            JUGEMテーマ:お知らせ

            環境省では地球温暖化防止のためライトアップ施設の消灯を
            呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を毎年夏至と
            七夕の日を中心として行っています

            ライトアップに馴れた日常生活の中、電気を消すことでいかに
            照明を使用しているかを実感し、地球温暖化問題について
            考えることを目的としたイベント

            今年は「ライトダウンジャパン2012」と題し、「でんきを消して、
            未来をみつめよう」をスローガンに、6月21日〜7月7日までの
            間が啓発期間です

            また、6月21日〔夏至の日〕と7月7日〔七夕・(クールアース・デー)〕の
            両日の夜8時から10時までの2時間を特別実施日として一斉消灯を
            呼びかけ、全国の参加施設数と予定している削減電力を集計します

            かんたんに、だれでも参加できて、ちょっぴりロマンチックなこのイベント
            さぁ みなさんも電気を消して未来を見つめてみませんか

            詳しくは、ライトダウンジャパン2012 HP でご確認ください






            ブログランキングに参加してます
            応援よろしくお願いします
            お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

            人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ 
                           にほんブログ村
            | エネルギー問題 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            消費電力量確認機器設置に補助
            0
              JUGEMテーマ:お知らせ

              NTT東日本の、家庭の消費電力量を自動的に読み取り、パソコンや
              スマートフォンで確認できるサービス「フレッツ・ミルエネ」の専用機器
              などにかかる契約者の初期負担が、19日の申込み分から国の補助
              が受けられるようになります

              同サービスは東日本大震災後の電力不足を受けて今年1月から開始

              家庭の分電版に専用計測器を設置し、読み取った電力使用量の
              データを同社が光回線を介して収集・管理

              契約者は1分、1時間、1日ごとの電力量を確認でき、電気料金の
              目安も表示されます

              利用には、専用機器の購入などの初期費用が2万1千〜7万3500円
              かかりますが、消費税分以外は国が全額補助します
              月210円の利用料(定額)は契約者負担となります

              (出典:北海道新聞6/14 32面、NTT東日本HPより)

              平成23年8月〜10月に行った事前のトライアルでは、
              モニターの9割以上の方が満足と回答

              さらに、約7割の方が「実際に節電に効果があった」と
              回答しているそうです

              節電対策に役立つ「フレッツ・ミルエネ」
              詳しくは、NTT東日本HPでご確認ください


              ブログランキングに参加してます
              応援よろしくお願いします
              お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

              人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ 
                             にほんブログ村
              | エネルギー問題 | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              北海道電力 みんなde節電キャンペーン!
              0
                JUGEMテーマ:お知らせ

                節電すれば景品がもらえる
                今日は、そんなお得なキャンペーンのご紹介です

                北海道電力では家庭での今夏の節電を推進するため、
                「みんなde節電キャンペーン」を実施します

                今年8月分〜9月分の電気使用量の合計を前年同期の合計と比較し、
                その削減率に応じてQUOカード(コンビニ等で使える商品カード)を
                進呈するというものです


                <15%以上削減>
                2,000円分(QUOカード)

                <7%以上15%未満削減>   
                1,000円分(QUOカード)

                応募期間:6月30日(土)(消印有効)

                対象   :以下の家庭向けの契約種別で北海道電力と2011年8月分から
                       同一のお客さま番号で契約している方

                       従量電灯A、従量電灯B、従量電灯C、
                       時間帯別電灯(ドリーム8)、
                       ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)、
                       3時間帯別電灯(eタイム3)


                申し込み:はがきに、郵便番号、住所、契約名義(※)、電話番号、
                      お客さま番号(※)を記入し、下記宛先まで応募

                〒060−8677 (住所不要)
                北海道電力(株)営業部 
                「みんなde節電キャンペーン」係
                 
                ※契約者名義とお客様番号は、「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)等
                にて確認できます。

                詳しくは、北海道電力HPでご確認ください


                ブログランキングに参加してます
                応援よろしくお願いします
                お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

                人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ 
                               にほんブログ村
                | エネルギー問題 | 06:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                節電の夏〜効果的な対策は〜
                1
                JUGEMテーマ:節電

                5/30(水)北海道新聞で、昨年東京都で効果的だった
                節電対策についての記事が掲載されていましたので
                紹介します

                東日本大震災と福島第1原発事故による昨夏の電力不足に対し、
                東京電力管内ではピーク需要で前年比18%の削減をして乗り
                切った。

                どのような節電が効果的だったのだろう。

                東京都のアンケートでは、家庭の8割が照明の節電に取り組んだ。

                中でも注目されたのは、LED照明だ。LEDは白熱電球と比べ、
                必要な電力は8分の1ほどで済む。LEDは白熱電球よりかなり
                高価だが、1日10時間の使用で寿命は11年間で、長い目で
                見て節約になる。

                ちなみに、日本エネルギー経済研究所の試算では、日本の照明を
                すべてLEDに置き換えた場合、国内電力消費量の9%に当たる
                922億キロワット時が削減できるという。

                これは、原発13基分に当たる発電量だ。

                (北海道新聞5/30(水)5面より)

                記事によると、LED置き換えのほかに3千人の節電アドバイザーが
                30万件の家庭を訪問し、各戸ごとに節電方法を指導するなどして
                電力不足を乗り切ったそうです

                ただし、エアコンの使用を無理に控えて熱中症になる人が続出するなど
                節電しすぎて弊害もあったそうで、東京都も「賢い節電」を呼びかけて
                います

                東京都の提言を参考に、無理のない節電でこの夏を乗り越えましょう

                東京都による「賢い節電」7か条

                _討蓮⇔簑庫の庫内温度設定「中」を徹底
                ▲謄譽咾両淵┘優癲璽廟瀋蠅鯏按
                G鯒電球はLEDや電球型蛍光灯へ交換
                ぁ崋尊櫃硫硬戮28度」を目安に、それを
                 上回らないようエアコンや扇風機などを
                 上手に使う
                ヌ埆詁にはエアコン使用の過度な抑制は
                 行わない
                Σ氾点宿覆覆匹里海泙瓩幣淵┘佑鮗汰
                Ь暖馘杜呂梁腓い家電製品は平日14時
                 前後での使用を控える。電力需給逼迫が
                 予告されたときには、特に使用を控える

                ブログランキングに参加してます
                応援よろしくお願いします
                お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

                人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ 
                               にほんブログ村
                | エネルギー問題 | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                馬と暮らす省エネ住宅♪
                0
                  JUGEMテーマ:節約&エコグッズ

                  5/17(木)北海道新聞で興味深い記事が掲載されていましたので、
                  ご紹介します

                  寒冷地の次世代住宅をテーマに、公益財団法人LIXIL住生活財団が
                  実施した「国際大学建築コンペティション」で慶応大が最優秀作品賞を
                  受賞した。

                  慶応大は木造2階建ての1階に馬小屋スペースを設け、馬の排せつ物を
                  バイオマス燃料として暖房の熱源に活用するのが特徴だ。

                  においがきにならないよう、壁に炭を混ぜた建材を使う。

                  審査員から「熱源のアイデアがたいへん面白いと」評価された。

                  (北海道新聞5/17 11面より転載)

                  人と馬の共生で省エネを図るユニークな建物ですね

                  バイオマスは酪農家など排泄物が多くでるところでの活用が中心と
                  思っていましたので、斬新なアイディアですね

                  都市部の住宅では馬と暮らすというの難しいですが、
                  地方だと面白いですよね

                  私が大企業の社長でしたら

                  出身地の夕張に、この「馬と暮らす省エネ住宅」を建設して定年退職後、
                  北海道で暮らしたという人向けの菜園付き省エネタウンをつくってみたい

                  菜園をつけると排泄物が暖房だけでなく、畑の肥料になり
                  省エネ+地産地消に
                  エコで安全 魅力的だと思いますが

                  もしくはクラインガルテン(滞在型の市民農園みたいなもの)を
                  「馬と暮らす省エネ住宅」にして、札幌でマンション暮らしの人を
                  夕張に引っ張ってきたりと 

                  夕張にお金が落ちる仕組みをつくりたいですが

                  「馬と暮らす省エネ住宅」
                  たくさん可能性を秘めていると思いませんか



                   
                  ブログランキングに参加してます
                  応援よろしくお願いします
                  お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

                  人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ 
                                 にほんブログ村
                  | エネルギー問題 | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  LED購入者サピカで助成-札幌市が脱原発政策-
                  0
                    JUGEMテーマ:脱原発
                     
                    札幌市は新年度、発光ダイオード(LED)電球を4千円以上
                    購入した世帯に、同市交通局のICカード「SAPICA(サピカ)」を
                    交付するキャンペーンを行う方針を固めた。

                    福島第1原発事故を受けて同市が進める
                    「脱原発依存」政策の一環。

                    同市によると、LED電球購入者に対する同種の補助的な制度は
                    道内では初めて。

                    サピカは2千円分(利用可能額1500円、発行のための預かり金
                    500円)で、キャンペーン期間中に買ったLED電球の総額が
                    4千円以上8千円未満なら1枚、8千円以上なら2枚進呈する。

                    <北海道新聞1/24朝刊2面より>

                    仮に札幌市内の全世帯が家の電球型照明をLEDに交換した場合、
                    3万世帯分の年間消費電力量にあたる年約1億3千万キロワット時
                    の節電効果があるそうです

                    こういう制度があると、LED電球の普及もすすみますよね

                    ぜひこういったキャンペーンを拡大してLED電球だけではなく、
                    省エネ家電の普及すすめるような政策を実施してもらいたいです

                    さて、話は変わりますが、今回LED電球購入でゲットできるサピカ

                    このサピカで、アース・カーのカーシェアリング車両の
                    ドアロックの開閉にも使えます



                    写真のように、点滅中のカードリーダーにサピカをかざすと
                    カーシェアリング車両のドアロックの開閉ができます

                    サピカ1枚で、地下鉄が利用でき、カーシェアリング車両のドアロック
                    開閉にも使える すごく便利です

                    さて、サピカをゲットしたら、せっかくですからこの機会に、もっと地球に
                    やさしいことはじめませんか

                    普段は地下鉄を利用して、クルマが必要なときはカーシェアリングを
                    利用しませんか

                    クルマを所有するからシェアするへ

                    日本全体で、クルマから排出されるC02の量は、年間約2億5000万トン
                    と言われ、 全排出量の約22%を占めています

                    クルマを必要な時だけ使う(所有をやめる)ことで、CO2排出量を削減
                    することができます
                     
                    カーシェアリングは、環境にやさしい仕組みなのです


                    おまけに、所有車利用時に必要な駐車場代・ガソリン代・保険料・
                    車両代が無料
                    出費を大幅に削減できます

                    所有するクルマや利用状況にもよりますが、『年間50万円』もの費用を
                    削減することも可能です



                    カーシェアリングはお財布にもやさしい仕組みです

                    カーシェアリングについて
                    お申込み、詳細はコチラ
                    アース・カー HP

                    今なら、入会無料!
                    さらに月額基本料が12ヶ月無料!
                    総額15,100円
                    もオトク!

                    アース・カーのカーシェアリング
                    札幌北18条西3丁目ステーション

                    地下鉄南北線「北18条」駅から徒歩3分の好立地

                    フェイスブック Yahoo!ロコ  ツイッター



                    さあ、あなたもカーシェアリングを利用して、
                    地球に良いことはじませんか

                    ブログランキングに参加してます
                    応援よろしくお願いします
                    お手数ですか、下の3つのバナーをポチットお願いします                           

                    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ  
                                    にほんブログ村
                    | エネルギー問題 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    | 1/3PAGES | >>